本庄ナーシングホームについて


本庄ナーシングホームは平成元年に埼玉県では2番目にオープンした介護老人保健施設となります。

 要介護状態の方と、その方を支える家族の援助として入所、通所リハビリテーション(デイケア)、短期入所(ショートステイ)サービスを提供しております。

介護老人保健施設の理念と役割

介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した生活が続けられるよう支援します。

ケアサービス

利用者様ひとりひとりの状態からケアマネージャーが目標を設定し、作成されたケアプランをもとに、 医師や看護師、介護士によるケアや、栄養士による栄養管理、リハビリ職によるリハビリテーションを提供しています。
概ね3ヶ月毎にケアプランを見直しつつ、サービスを提供していきます。
在宅復帰される方、特別養護老人ホーム等の長期入所施設に移られる方など様々ケースがあり、利用期間も、短期間から長期間(特別養護老人ホーム等への待機待ち)に渡るケースがあります。様々なニーズを抱えるご利用者、ご家族の方々の希望に添えるようサービスを提供していきます。

本庄ナーシングホームのリハビリテーションの特長


介護老人保健施設には資格を持ったリハビリ専門職が配置されています。
本庄ナーシングホームでは作業療法士が中心となって機能訓練や、認知症の方への作業療法、介護予防のための集団体操、利用者様個人に合わせたリハビリ等様々なリハビリテーションプログラムを実施しています。