リハビリテーションの紹介

利用される方の、性格や希望をふまえ、集団リハビリテーションや個別リハビリテーションを行うとともに、看護、介護職が生活場面で援助する生活リハビリもリハビリテーションマネジメントの一環として実施しております。

集団体操

集団体操は、全利用者様を対象として全身の運動を行っております。
1階では月、火、木、金の週4回実施しています。
2階では月〜金の週5回実施しています。

作業活動

作業療法で行っている作業活動は小グループでの活動で、利用者様の状態に合わせて作業種目を選択し、毛糸を使ったスティック手芸や段通、刺し子、ビーズ手芸などを行っています。
出来上がった作品を御家族にプレゼントするために、張り切って取り組まれている方もいらっしゃいます。
活動を行う事で認知症の予防や生きがいといった生活の中の張りにつながっている方々がいます。

機能訓練

機能訓練(機能訓練は一般的にリハビリとしてとらえられています。)では、個人個人に合わせた運動メニューを提供し、歩行練習や立ち上がりの練習などの個別訓練を実施しています。
脳梗塞や、骨折後の方など老年期の障害を抱える方々すべてが対象です。治療目的で参加される方、現在の機能維持を図るために参加される方、仲の良い方とのおしゃべりを楽しみに参加されている方もいらっしゃいますが、皆様熱心に取り組まれています。

頭の体操

認知症の方へのリハビリテーションプログラムとして「頭の体操」を実施しています。 認知症の方は新しい事の学習は難しい面がありますが、認知機能の低下を防ぐため、思い出、知識などの想起を通じて脳の活性化を図っています。
毎回1時間前後を目安にほのぼのとした雰囲気の中実施しています。
主な内容としては昔懐かしい童謡・唱歌・昭和の流行歌といった歌の歌唱、昔の写真を使った回想法、ことわざ、四字熟語、や漢字のクイズ、計算問題などを実施しています。活動を通じて参加された方々の以外な一面が見られ、認知症の方のケアにもつながっています。